病気は事前に予防することが出来る(発病する前に対策を)

予防で病気しらず

現代では様々な病気の治療法が確立されていますが、時には治すのが難しい病気があります。ガンなどは特に完治が難しい病気です。初期の段階でガンを見つければ完治することが出来ますが、末期の場合は完治をすることが難しいとされています。特に高齢者の方は気をつけたい病気です。ですが、高齢者の方は他にも色々な病気に気をつける必要があります。最近多いのが、脊柱管狭窄症です。脊柱管狭窄症は筋肉が弱まった高齢者の方に多い病気です。脊柱管狭窄症にかかってしまうと、首周りのコリが出てきたり、腕や足に痺れが起こることになります。高齢者の方はただでさえ足腰が弱っているのに、脊柱管狭窄症はさらに追い打ちをかけてくる病気なのです。また、初期症状としては手足の軽い痺れがありますが、残尿感や性的異常の症状も脊柱管狭窄症の初期症状にあがります。

脊柱管狭窄症はかかってしまうと、とても厄介な病気ですが、日常的にケアすることによって症状を緩和することが出来ます。日常生活で自分自身で行えるのなら予防をしておきましょう。簡単に予防をすることが出来るのは姿勢の改善です。姿勢を正すことにより、痛みが出る姿勢などはしないようにすることである程度の改善をすることが出来ます。また、体操やストレッチをすることも効果的です。ですが、腰が痛い時に伸びをしたりするのは脊柱管狭窄症には大変良くありません。さらに、脊柱管狭窄症を悪化させることになるので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加