病気は事前に予防することが出来る(発病する前に対策を)

不眠症に気づく

お薬を使用して睡眠のリズムを元に戻していくには

不眠症の症状にもいろいろありますし、個人差があります。夜更かしを続けていると、体内時計が狂ってしまい、気が付けば、毎日まともに眠れなくなっているということもあります。短時間であっても、質の良い睡眠がとれている人は、しんどさも残りませんのであまり心配はいりません。しかし、短時間であるにもかかわらず眠りの質が悪い人は、目覚めた時に寝た気がしなくて一日中しんどさが残り、日中に眠気に襲われてしまい、日常生活に支障をきたします。寝つきは良いが眠りが浅くて何度も目覚めるとか、寝たいのに眠れないという寝つきの悪さなども、不眠症の症状です。このような自覚のある人は、早めに心療内科などの医療機関を受診して、投薬治療をすることが望ましいです。

なぜ、薬の服用をして不眠症を改善させるのか

不眠症は、生活リズムを改善したり、運動不足を解消したり、食生活を見直したり、リラックスしたりと、自分での努力も必要です。ただ、不眠症という診断がされるくらいの症状があるのでしたら、日常生活がつらいはずですので、睡眠導入剤を使用して、正しい睡眠のリズムと良い眠りの質を早く取り戻す必要があります。そのために、医療機関では、薬を処方して生活習慣などの改善の指導とともに、薬の服用方法や薬の効果なども丁寧に説明をしてくれますので、安心して使用できます。 睡眠導入剤にもいろいろな種類がありますし、同じお薬でも効き方は人それぞれですので、最初は、短い期間で軽いものから処方してもらえます。自分の不眠症の症状を改善できるようなお薬が必ずあります。不眠症でお困りでしたら、医療機関へ行って相談をすることで、気持ちも楽になりますし眠れるようにもなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加